Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
緩和ケア病棟のケアの質および遺族の悲嘆・うつの地域差:全国遺族調査の結果から
米永 裕紀青山 真帆森谷 優香五十嵐 尚子升川 研人森田 達也木澤 義之恒藤 暁志真 泰夫宮下 光令
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 13 巻 3 号 p. 235-243

詳細
抄録

緩和ケアの質や遺族の悲嘆や抑うつの程度に地域差があるかを目的とし,2014年と2016年に実施された全国遺族調査のデータの二次解析を行った.ケアの構造・プロセスはCare Evaluation Scale(CES),ケアのアウトカムはGood Death Inventory(GDI),悲嘆はBrief Grief Questionnaire(BGQ),うつはPatient Health Questionnaire 9(PHQ-9)で評価した.関東をリファレンスとし対象者背景で調整し,比較した.CESとGDIは調整後も九州・沖縄で有意に高かった(p<0.05).BGQは調整後も中部,近畿,中国,九州・沖縄地方で有意に低かった(p<0.05).PHQ-9は調整後,有意差はなかった.いずれのアウトカムも効果量は小さく地域差がほぼないと考えられ,ケアの提供体制は地域で大きく変わらないことが示された.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top