Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
原著
終末期がん患者における最後の12週間の血液データとPalliative Performance Scaleの推移の探索:後ろ向き観察研究
小田切 拓也渡邊 紘章浅井 泰行
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 13 巻 4 号 p. 329-334

詳細
抄録

【目的】終末期がん患者の血液データとPalliative Performance Scale(PPS)の推移を探索した.【方法】2016年1月〜12月に小牧市民病院緩和ケア科が介入後に死亡したすべての成人固形がん患者の,死亡前12週間以内で抗がん治療から2週間以上経過した血液データと,採血日のPPSを,後ろ向きに抽出し,各週の平均値の推移を探索した.【結果】204人,1157回の血液データを得た(平均年齢70.9歳,女性44.1%).アルブミンは死亡12週前,C反応蛋白は5週前より減少・増加し,白血球数とリンパ球数は5週前より増加・減少し,ビリルビンとクレアチニンは3週前より急増し,カリウムは1週間前より増加した.PPSは死亡4週前から減少した.【考察】栄養や炎症の指標,白血球数の悪化はPPSの悪化に先行し,臓器障害やPPSの低下をきたすと予後週単位と予想された.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top