Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
終末期進行がん患者における長期入院の予測因子と終末期症状・治療との関連
菊地 綾子平本 秀二堀 哲雄吉岡 亮長島 健悟
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 13 巻 4 号 p. 335-340

詳細
抄録

緩和ケア開始後の早期死亡に関する予測因子研究はあるが,入院時に長期の生存期間を予測するモデルや予測因子に関する報告はない.31日以上あるいは61日以上の長期入院に関連する予測因子解析を探索的に行った.また終末期症状(がん性疼痛,せん妄,悪心・嘔吐,倦怠感,呼吸困難感)と終末期治療(平均輸液量,持続的鎮静,平均オピオイド使用量)について長期入院群と非長期入院群とで比較した.31日以上長期入院群においては性別(オッズ比0.502),意識レベル(オッズ比0.258),補正カルシウム値(オッズ比0.559)が統計学的に有意であった.61日以上長期入院に対する予測因子解析では血清CRP値(オッズ比0.254)において統計学的な有意差を認めた.終末期症状・治療において31日以上長期入院の有無では倦怠感と平均輸液量が統計学的に有意に少なかった.61日以上長期入院の有無では差はみられなかった.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top