Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
原著
外来で放射線療法を受けるがん患者の気がかりスケールの開発
日浅 友裕
著者情報
ジャーナル オープンアクセス HTML

2024 年 19 巻 3 号 p. 149-156

詳細
抄録

【目的】外来で放射線療法を受けるがん患者の気がかりを測定できるスケール開発を目的とした.【方法】文献検討をもとに項目を精選し,Item-level Content Validity Index(I-CVI)による内容的妥当性の検討でスケール原案を作成した.その後,5施設の外来通院で放射線療法を受けるがん患者400名に無記名自記式質問紙調査を実施し,スケールの信頼性・妥当性を検討した.【結果】探索的因子分析で2因子(がんとともに生きていくことの気がかり,照射生活を送ることの気がかり)9項目が確認された.スケール全体のCronbach’s α係数は0.848, 確証的因子分析における適合度はGFI=0.930, AGFI=0.879, CFI=0.926, SRMR=0.058であった.新版STAI状態不安尺度と相関を認めなかったことから,一定の弁別的妥当性を確認した.【結論】本研究で開発した外来で放射線療法を受けるがん患者の気がかりスケールは,信頼性,妥当性の結果に対しては概ね確認できた.

著者関連情報
© 2024 日本緩和医療学会

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
feedback
Top