日本義肢装具学会誌
Online ISSN : 1884-0566
Print ISSN : 0910-4720
ISSN-L : 0910-4720
特集2 義肢装具士のための基礎的工学入門
バーチャル環境を介した視覚的フローの獲得がトレッドミル歩行に与える影響
加藤 健治相本 啓太近藤 和泉
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 35 巻 2 号 p. 124-127

詳細
抄録

歩行中の視覚情報は,歩行の調整や制御をする上で重要な役割を担っている.近年,バーチャル·リアリティ(Virtual Reality : VR)環境を付与したフィードバック制御型のトレッドミル(Gait Real-time Analysis Interactive Lab : GRAIL)が開発された.GRAIL上では,自動速度調整(Self-paced : SP)モードを用いて,自分自身で調整した歩行速度と連動した視覚情報を獲得することができる.しかしながら,それらの視覚的フローの獲得による歩行の安定性への影響については,まだ明らかになっていない.本研究では,VRを付与したときの歩行安定性への影響を,歩行速度,歩幅,歩隔のばらつきの変化に着目して検討したので報告する.

著者関連情報
© 2019 日本義肢装具学会
前の記事 次の記事
feedback
Top