日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌
Online ISSN : 2189-4760
Print ISSN : 1881-7319
ISSN-L : 1881-7319
原著
禁煙治療におけるバレニクリンとニコチンパッチの治療成績の検討
吉澤 孝之溝口 真美岩城 基吉澤 明孝赤星 俊樹橋本 修
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2013 年 23 巻 2 号 p. 188-192

詳細
抄録

禁煙治療におけるバレニクリンとニコチンパッチの効果について114名で検討した.禁煙プログラム継続率はバレニクリン群で有意に高かったが,禁煙プログラム終了時点での禁煙成功率には有意差を認めなかった.禁煙失敗にかかわる因子の解析ではバレニクリンでオッズ比(OR)が0.399(p=0.0337)と失敗する率が低く,年齢が低いほど,初診時の呼気CO濃度が高いほど失敗する率が高かった.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
前の記事 次の記事
feedback
Top