日本デザイン学会研究発表大会概要集
日本デザイン学会 第59回研究発表大会
セッションID: 2-11
会議情報

出来事を視覚化するドキュメント・ウォールの活用2
リアルタイム・ドキュメンテーションにおける編集者としてのスクライバーのスキルについての考察
原田 泰小早川 真衣子
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本研究では、ドキュメンテーションに関する視点やスキルの異なる複数のスクライバーに、ひとつのパネルセッションについて同時にスクライビングをおこなってもらい、その結果として制作された各スクライバーの表現を比較する事で、ドキュメントウォールの制作に必要とされるスキルについての考察を行った。結果として、スクライビングの表現には、発話の内容をどのように残すかということばの編集と、ドキュメントウォールなどの紙面に情報をどう図解するかというグラフィック表現の、二つのスキルの組み合わせによって制作される。表現のバリエーションは無限にあり、スクライバーがドキュメントウォール活用の目的を設定して、表現に臨む必要がある事が再確認された。

著者関連情報
© 2012 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top