日本デザイン学会研究発表大会概要集
日本デザイン学会 第59回研究発表大会
セッションID: 2-13
会議情報

「思い出表現ワークショップ」で共有されていた情報
永井 由美子
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本稿では「思い出表現ワークショップ」において、個人の「思い出」がどのように参加者間で共有されているのかを明らかにすることが目的である。「思い出表現ワークショップ」では「対象物」を見ながら参加者個々人の「思い出」を「語り」として表現し、参加者間で共有している。そこで語られた「思い出」は、「対象物」を使っていた当時の状況や気持であった。1日のワークショップを実施、そこでの「思い出」がどのように共有されていくかを観察した。そこでの「語り」にはその内容に合った「名前」が参加者の話し合いにより付けられて、やりとりがされていた。このワークショップを通して参加者は家族や古くからの友人ではなく新しい知り合いとも「思い出」を共有することができた。

著者関連情報
© 2012 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top