日本科学教育学会年会論文集
Online ISSN : 2433-2925
Print ISSN : 2186-3628
ISSN-L : 0913-4476
セッションID: 1G2-B2
会議情報
発表
1G2-B2 科学祭開催による社会連携活動の可能性(科学教育連携システム,一般研究発表,次世代の科学力を育てる-社会とのグラウンディングを求めて-)
美馬 のゆり
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本研究では,科学祭開催の効用に着目し,地域において産学官民の連携組織を立ち上げ,科学コミュニケーションの促進と科学リテラシーの向上を目的とした場を創出した。その結果,科学技術をキーワードに地域で産学官民が連携し,目標を共有することで,これまで個別に実施してきた活動の効果を増幅させることが可能であることが明らかになった。このことは,地域における次世代の育成機会,育成方法の多様化にもつながる。地域コミュニティの社会連携活動を実現,継続するには,コーディネータの役割を果たす科学コミュニケータの存在が鍵となる。

著者関連情報
© 2010 日本科学教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top