サルコイドーシス/肉芽腫性疾患
Online ISSN : 1884-6122
Print ISSN : 1345-0565
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会の新診断基準と眼病変
石原 麻美
著者情報
ジャーナル フリー

28 巻 (2008) 1 号 p. 100-102

詳細
PDFをダウンロード (469K) 発行機関連絡先
抄録

新しい診断基準「サルコイドーシス診断基準と診断の手引き-2006」より, 「眼病変の診断の手引き」に記載されているサルコイドーシスに特徴的な眼病変を紹介した. 新「眼病変の診断の手引き」のすべての項目の特異度は80%以上と高く, 手引き全体の感度・特異度もともに高い. また, 診断方法にも改訂があったため, 眼科で本症を疑った場合, どのように診断をつけていくかを示した. 診断に必要な検査所見に両側肺門リンパ節腫脹 (BHL) が入ったことにより, BHLを有するぶどう膜炎患者で臨床診断に至る例が増え, 診断率が向上すると予想された.

著者関連情報
© 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会
前の記事 次の記事
feedback
Top