コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
書込みバリアにロックやメモリバリア命令を用いない並行スナップショットごみ集め
鵜川 始陽信岡 孝佳海野 弘成湯淺 太一
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2012 年 29 巻 3 号 p. 3_143-3_156

詳細
抄録

ロックやメモリバリア命令の実行には多くのCPUサイクルを消費するため,並行GC(ごみ集め)では,書込みバリアからロックやメモリバリア命令を排除することが容易なインクリメンタルアップデートGCが使われることが多い.しかし,インクリメンタルアップデートGCの通常の実装では,マークフェーズ後にミューテータを止めて多くのオブジェクトをマークする可能性があり,実時間アプリケーションには向かない.本論文では,この処理が必要のないスナップショットGCを使った並行GCを提案する.提案するGCでは,ロックやメモリバリア命令の頻繁な使用を避けるために,ミューテータは書込みの履歴を溜めておいて,GCとハンドシェイクすることで,履歴をまとめてGCに渡す.このGCをDalvik VMに実装し,評価を行った.

著者関連情報
© 2012 日本ソフトウェア科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top