脳卒中
Online ISSN : 1883-1923
Print ISSN : 0912-0726
ISSN-L : 0912-0726
慢性大動脈解離,Bovine type の大動脈弓を有する脳梗塞急性期症例に対して上腕動脈アプローチにより血栓回収術を施行した1 例
井上 雅人原 徹男
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開

論文ID: 10664

この記事には本公開記事があります。
詳細
抄録

要旨:【目的】血栓回収術は大腿動脈アプローチが一般的であるが,時間がかかる症例や治療不可能な症例も存在する.術前に上腕アプローチが適していると判断し,迅速に再開通できた症例を経験したため報告する.【症例】90 歳女性.右麻痺,失語,構音障害があり,CT/CTA で左中大脳動脈閉塞による脳梗塞の診断となった.CTA で大動脈解離,Bovine type,type3 の大動脈弓であったため,右上腕動脈アプローチで血栓回収術を施行しTICI2b の再開通を得た.【結論】血栓回収術のアプローチ困難例では上腕動脈アプローチは有効な選択肢といえる.適切なアプローチルートを選択するために大動脈弓部の術前評価が有効である.

著者関連情報
© 2019 日本脳卒中学会
feedback
Top