日本血管外科学会雑誌
Online ISSN : 1881-767X
Print ISSN : 0918-6778
症例
腰椎椎間板ヘルニア手術中に合併した左総腸骨動脈損傷の1例
花田 智樹金築 一摩今井 健介織田 禎二
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 19 巻 5 号 p. 611-613

詳細
抄録

症例は19歳,女性.腰椎椎間板ヘルニア摘出術中に血圧が低下し,腹部の膨隆を認めた.CTにて左総腸骨動脈損傷と診断され当院へ搬送,緊急手術を行った.後腹膜腔には多量の血腫を認め,左総腸骨動脈は完全に断裂していたため人工血管を用いて再建した.腰椎椎間板ヘルニア摘出術を行う際には,大血管損傷を生じる危険性を常に認識すべきであり,その兆候があれば迅速な診断・治療が必要である.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top