日本血管外科学会雑誌
Online ISSN : 1881-767X
Print ISSN : 0918-6778
症例
高位分岐橈骨動脈の内シャントに発生した吻合部仮性瘤
三岡 博桝田 幹郎新谷 恒弘中尾 佳永東 茂樹
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 19 巻 5 号 p. 643-646

詳細
抄録

上腕動静脈間に人工血管を使用して作成されたと思われていたブラッドアクセスの動脈側吻合部瘤の破裂の手術を行ったが,実際の動脈側吻合は腋窩動脈から高位分岐した橈骨動脈に作成されていた.橈骨動脈の分岐異常に対する注意を怠りがちであるが,上肢動脈の血管外科治療や血管造影時のカテーテル走行などに異変が発生した場合,この分岐異常に関して意識する必要がある.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top