水環境学会誌
研究論文
公表調査データの統計解析による市街地ノンポイント汚濁負荷流出量の予測とその信頼性評価
尾崎 則篤和田 桂子村上 道夫中島 典之古米 弘明
著者情報
ジャーナル フリー

40 巻 (2017) 3 号 p. 115-124

詳細
PDFをダウンロード (2095K) 発行機関連絡先
抄録

雨天時における市街地流出を調査している報告書, 論文等の文献を収集し (1968~2011年) , 一降雨を単位とした市街地の汚濁負荷 (BOD, COD, SS, TN, TP) の負荷流出データベース (DB) をまとめ, 一降雨の流量加重平均濃度 (EMC) の分布を明らかにした。続いて降雨条件, 地理的状況がEMCに及ぼす影響を回帰式で予測し, 日本全国の4地点での降雨条件を与えた際の年間流出負荷の予測値とその変動係数を導出した。その予測に基づき, 信頼性のある流出負荷量を算出するためにどの程度の降雨の採水頻度が必要になるのかをシミュレーションにより検討した。95% 信頼区間を2倍以内程度の誤差とする場合, 水質項目によっては年間の全降雨イベントのうち半分程度を採水する必要があることを明らかにした。

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 日本水環境学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

水質汚濁研究

feedback
Top