日本水処理生物学会誌
Online ISSN : 1881-0438
Print ISSN : 0910-6758
ノート
ネパール・カトマンズ盆地の飲用ボトル水、公共地下水および環境水中における病原性細菌の網羅的検出
井上 大介吉永 隼人BIKASH MALLARAJANI GHAJU SHRESTHASARMILA TANDUKARDINESH BHANDARI田中 靖浩JEEVAN B. SHERCHAND原本 英司清 和成
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 54 巻 2 号 p. 65-72

詳細
抄録

ネパール・カトマンズ盆地では、水源の微生物汚染が深刻な問題となっている。本研究では、カトマンズ盆地において飲用水や生活用水として主に利用されている市販の飲用ボトル水(10試料)、浅井戸地下水(10試料)、深井戸地下水(3試料)、公共水場水(1試料)、湧水(2試料)と、河川水(2試料)の計28試料を採取し、病原性細菌の存在を網羅的に調査した。ヒト、動物、植物、及び魚介類に感染する941種/グループの病原性細菌(バイオセーフティレベル(BSL)2、3の全属及び日和見感染菌)の16S rRNA遺伝子を標的とするDNAマイクロアレイを用いた病原性細菌の網羅的検出の結果、Acinetobacter属、Arthrobacter属、Brevibacterium属、Pseudomonas属、及びLegionella属が大部分の試料で検出され、一部の試料ではBSL3の病原性細菌も検出された。Legionella属及びBSL3に属するBrucella属を対象として属特異的PCRによる定量検出を試みた結果、一部の試料においてDNAマイクロアレイ解析を支持する結果が得られた。また、DNAマイクロアレイ解析において6試料以上で検出された病原性細菌を対象として、糞便汚染指標(大腸菌群、大腸菌)との関連性について検討を行った結果、そのほとんどが糞便汚染指標とは相関を示さないことが明らかとなった。本研究の成果は、カトマンズ盆地における病原性細菌汚染の解明や、詳細な調査を要する病原性細菌種の特定の一助となり得るものと考えられる。

著者関連情報
© 2018 日本水処理生物学会
前の記事
feedback
Top