Journal of Veterinary Medical Science
Online ISSN : 1347-7439
Print ISSN : 0916-7250
ISSN-L : 0916-7250
Babesia gibsoni 感染症でみられる抗赤血球膜抗体(短報)
足立 幸蔵立石 美加堀井 洋一郎永友 寛司清水 高正牧村 進
著者情報
ジャーナル フリー

1995 年 57 巻 1 号 p. 121-123

詳細
抄録

Immunoblotting法を用いて, B. gibsoni 感染犬血清中抗赤血球膜抗体及び赤血球解離IgG抗体について調べた. Immunoblotting 解析の結果, 感染前及び感染血清中抗赤血球膜抗体は, 自己及び非自己のバンド1, 2, 2.1, 4.1, 4.2, 5(赤血球細胞骨格形成タンパク質)及びバンド3(赤血球膜貫通露出糖タンパク質)を, 赤血球解離IgG抗体は, 自己及び非自己のバンド3及び4.2を, bそれぞれ認識していた.

著者関連情報
© 社団法人 日本獣医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top