可視化情報学会誌
Online ISSN : 1884-037X
Print ISSN : 0916-4731
ISSN-L : 0916-4731
特集記事
マルチチャンネル方式を用いた超高速イメージング
―特殊光学系を採用した撮影原理と撮影例―
佐々木 裕康
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2017 年 37 巻 145 号 p. 21-25

詳細
抄録

高速度現象の可視化計測を行うために、高速度カメラが用いられている。放電、衝撃波等の現象において10Mfps以上の撮影速度必要となるケースがあるが、固体撮像素子を用いた高速度ビデオでは時間分解能が不足するため、マルチチャンネル方式を用いた超高速度カメラが利用される。本稿では、マルチチャンネル式超高速度カメラの撮影原理等概要と、超高速度カメラが利用されるアプリケーション、撮影事例を紹介する。

著者関連情報
© 2017 社団法人 可視化情報学会
前の記事 次の記事
feedback
Top