溶接学会全国大会講演概要
平成30年度秋季全国大会
会議情報

Unit cell 解析によるボイド成長挙動を考慮したダメージモデルの提案
*山田 剛久大畑 充
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

p. 258-259

詳細
抄録

鉄鋼材料の延性破壊評価に適用可能なダメージモデルを提案することを目的として、unit cell解析を用いてボイド成長挙動を把握するとともに、そのボイド成長挙動を考慮した損傷累積モデルを提案した。亀裂材への適用を想定し、応力多軸度が大きく変化する条件を切欠き付丸棒試験片を用いた引張試験により模擬し、提案するモデルを用いて延性亀裂発生レベルを精度良く予測可能であることを示した。

著者関連情報
© 2018 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top