土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
ISSN-L : 1883-8944
論文
沿岸漂砂量の時空間分布の推定
武若 聡内堀 圭一郎海老原 友基森 信人
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 76 巻 2 号 p. I_451-I_456

詳細
抄録

 汀線変動は岸沖と沿岸方向の漂砂により生じ,後者が長期的な汀線の動向を支配すると理解されている.本研究では,一つの漂砂系とみなせる鹿島灘南部(鹿島港~利根川,延長約16km)において,衛星画像より汀線データセット(データ長:約10年,データの時間間隔:約85日,空間間隔:10m)を作成し,沿岸漂砂量の時空間分布を推定した.EOF(経験的固有関数)解析により,汀線変動を岸沖と沿岸方向の土砂移動に因ると考えられる成分に分離し,後者に対して土砂の連続性に基づき沿岸漂砂量の時空間分布を推定した.推定結果の妥当性は波浪再解析結果から求めた沿岸方向エネルギーフラックスより検討した.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top