化学と教育
Online ISSN : 2424-1830
Print ISSN : 0386-2151
ISSN-L : 0386-2151
シリーズ:教科書から一歩進んだ身近な製品の化学 ―匠の化学―
何事も自然とともに
吉岡 幸雄
著者情報
解説誌・一般情報誌 フリー

2016 年 64 巻 12 号 p. 620-621

詳細
抄録

絹,麻,木綿など天然の素材に,伝統的な日本の色を染めてゆく。赤は紅花(花びら),黄色は刈安(葉と茎),藍色は蓼藍,紫は紫根(紫草の根)など,すべて自然界に存在するものが日本古来の伝統色の源泉である。地下100メートルから汲み上げられる京都伏見の水が天然の素材に絶妙な影響を与えつつ,ゆっくりと自然に寄り添いながら,その美しい色調が醸し出される。伝統を次の世代の人々に継承していく視点も交えて,近年著者の感じていることを記してみたい。

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本化学会
前の記事
feedback
Top