化学と教育
Online ISSN : 2424-1830
Print ISSN : 0386-2151
ヘッドライン 芳香環が織りなす化学  — 反応・構造の基礎から機能性π共役分子の開発まで —
芳香族アミンの最先端合成法:π共役系+窒素=新機能分子
村上 慧
著者情報
解説誌・一般情報誌 フリー

2017 年 65 巻 11 号 p. 552-555

詳細
抄録

「芳香族アミン」をみなさんご存知だろうか? 本特集で取り上げられているπ共役系分子(芳香環)にアミノ基(窒素)が置換した分子群である。耳慣れない物質かもしれないが,実は身の回りにたくさんあるありふれた分子だ。例えば,多くの医薬品に含まれている。また有機ELテレビなどの有機エレクトロニクス材料の重要成分でもある。これらの機能の源は,「窒素」であり,芳香環と窒素の組み合わせが,多彩な機能を導く。本稿では,そのような芳香族アミンの最先端の合成法について紹介したい。

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 日本化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top