計量国語学
Online ISSN : 2433-0302
Print ISSN : 0453-4611
論文B
二字漢語における語の透明性
―コーパスを用いた語と構成漢字の分析―
本多 由美子
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2017 年 31 巻 1 号 p. 1-19

詳細
抄録

本稿では,二字漢語における語の透明性の量的な傾向を明らかにし,日本語教育に活用できる情報を得る目的で,書き言葉において頻度の高い語について,調査,分析を行った.語の透明性は「透明」,「片透明(かたとうめい)」,「不透明」に3分類し,調査の際には,客観性を考慮し,辞書に書かれている語義の説明を用いた.分析の結果,以下の3点の結果が得られた.(1)書き言葉において,頻度の高い語には,3分類がそれぞれ一定の割合で存在する.(2)日本語能力試験の初級よりも中級以上の語のほうが「透明」の割合が高く,「不透明」の割合は,初級のほうが高い.(3)日本人大学生を対象にした調査と辞書の説明を利用した調査は,結果の傾向が類似する.これらの結果から,透明性の傾向は日本語教師が教育の内容を検討する際に利用できる情報であることを述べた.

著者関連情報
© 2017 計量国語学会
次の記事
feedback
Top