数学教育学会誌
Online ISSN : 2434-8899
Print ISSN : 1349-7332
関数指導における教材開発のための基礎的研究
関数指導の体系に着目して
二澤 善紀
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2018 年 59 巻 1-2 号 p. 1-10

詳細
抄録

先行研究や各種調査より,児童生徒の関数についての理解に課題があることが示されてい る。その課題の要因を分析するために,本稿では横地らの関数の指導体系に着目する。まず, 先行研究の知見をいかして関数指導のあり方についての理論的な枠組み(関数の指導モデ ル)を設定した。それは指導過程を,事象認識の段階,抽象化途上の段階,抽象的表現の段 階の3 段階に設定したものである。次に,これに基づいて横地らの関数の指導内容について 分析した結果,(Ⅰ)事象の変化を量化して捉える,つまり事象から変量を抽出する,(Ⅱ) 抽出した2 つの変量を対応させる,に関する途上概念を形成するようなものであることが 示された。さらに,これに関する調査データを考察した結果,児童生徒はこの途上概念の 形成が十分でないことが示唆された。

著者関連情報
© 2018 (一社)数学教育学会
次の記事
feedback
Top