Medical Imaging Technology
特集/認知症における画像モダリティ最前線
MRI構造画像を用いたVoxel-based morphometry
山下 典生
著者情報
ジャーナル 認証あり

34 巻 (2016) 1 号 p. 3-7

詳細
PDFをダウンロード (1581K) 発行機関連絡先
抄録

Voxel-based morphometry(VBM)は近年盛んに行われているMRI構造画像を用いた脳体積解析手法である.従来のマニュアル操作による関心領域法に比して労力が少なく,全脳を客観的に評価できる点が大きな利点である.脳萎縮を伴う精神疾患や神経疾患での応用が先行したが,現在では脳科学研究にも広く用いられ,脳体積解析の代表的な手法のひとつとなっている.本稿ではVBMを支える技術的基盤である脳組織の自動分離抽出法(セグメンテーション)と解剖学的標準化を中心に,注意点や応用例についても解説する.

著者関連情報
© 2016 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top