Medical Imaging Technology
特集/産官学連携・医工連携における課題と展望
医療機器開発における産官学および医工連携―日本医療研究開発機構(AMED)の立場から―
植村 宗則
著者情報
ジャーナル 認証あり

35 巻 (2017) 2 号 p. 95-98

詳細
PDFをダウンロード (2553K) 発行機関連絡先
抄録

日本医療研究開発機構(AMED)は「『3つのLIFE(生命,生活,人生)』を大切にした医療分野の研究成果を一刻も早く実用化し,患者さんやご家族のもとにお届けすること」を使命とし,医薬品・医療機器・再生医療などといった9つの連携分野を中心とした,設立時で3,000を超える研究課題を推進している.本稿では特に医療機器開発に関するAMEDが実施する支援事業の取り組みを紹介する.

著者関連情報
© 2017 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top