Medical Imaging Technology
特集 / 実用的なCADシステムのための臨床医からの期待と提言
上腹部臓器のCT/MRI ―コンピューター支援診断への期待―
堀 雅敏大西 裕満富山 憲幸
著者情報
ジャーナル 認証あり

35 巻 (2017) 3 号 p. 146-151

詳細
PDFをダウンロード (1216K) 発行機関連絡先
抄録

腹部臓器のCTおよびMRIは近年進歩が著しい.最新の画像検査技術を用いることで,解剖学的,生理学的,病理学的な状態が詳細に評価できるようになってきている.一方で,これらの画像のもつ情報を正しく抽出して,日常臨床に利用するにはさまざまな問題点も存在する.本稿では,まず,これらの撮像技術について,現在実用化されているものおよび近々普及する可能性のあるものを列挙した.次に,コンピューター支援診断(computer-aided diagnosis; CAD)を含めた工学的アプローチによる問題点改善について,日常臨床経験からの提言をいくつか述べて,将来の上腹部CT/MRIについて考察した.

著者関連情報
© 2017 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top