マイコトキシン
Online ISSN : 1881-0128
Print ISSN : 0285-1466
Note
食菌性昆虫ヒメマキムシ(Latridiidae)から分離されたカビとその潜在的マイコトキシン産生能
吉浪 誠小林 直樹滝埜 昌彦小西 良子
著者情報
ジャーナル フリー

68 巻 (2018) 1 号 p. 7-11

詳細
PDFをダウンロード (466K) 発行機関連絡先
抄録

 食菌性昆虫は食品への混入やカビ汚染を引き起こすことがあるため,食品の安全管理上,施設内における害虫防除の対象として重要視されている.本研究では,千葉県の一般施設で捕獲した食菌性昆虫であるヒメマキムシから分離されたカビの種類を調査し,そのマイコトキシン産生能を確認した.18個体の虫体から分離された780コロニーの種類分布は,Penicillium属90.1%,Aspergillus属7.7%,Cladosporium属1.0%,その他のカビ1.2%となり,Penicillium属とAspergillus属が大部分を占めた.その割合は昆虫の棲息環境カビ種の割合と同様であった.さらに,形態的特徴からPenicillium属を8グループ,Aspergillus属6グループに分け,各グループから無作為に1-4株を選抜した.選択された菌株について,分子生物学的解析により菌種の推定を行い,2種類の培養液,2温度帯を用いて培養したのち,LC-QTOFMSによりマイコトキシンの定性的スクリーニングを行った.その結果,Aspergillus属5株はシクロピアゾン酸あるいはステリグマトシスチンを産生していたが,Penicillium属では本研究でスクリーニング対象としたマイコトキシンの産生能は認められなかった.これらの結果から,ヒメマキムシの保有カビはPenicillium属とAspergillus属が大部分を占めており,その中にマイコトキシン産生菌も含まれることが明らかになり,食品混入だけでなくマイコトキシン汚染を増大させるハザードとなりうることが示唆された.

著者関連情報
© 2018 日本マイコトキシン学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top