日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
IV.造血に関する最新の話題
2.赤芽球脱核のメカニズム
鵜生川 久美澤田 賢一
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 101 巻 7 号 p. 2002-2009

詳細
抄録

哺乳類の赤芽球は脱核して赤血球となるが,脱核の生理的意義は不明である.生体内では,赤芽球の分化増殖,脱核後の核貪食などにマクロファージが深く関与している.近年,遺伝子導入技術の発達を背景に,脱核の機序として細胞質分裂や小胞輸送,核濃縮などに関連する分子が次々と明らかになってきている.本稿では,これらの脱核に関与する分子を中心に,赤芽球脱核のメカニズムについて紹介する.

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top