日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
今月の症例
閉塞性尿路感染症にて高アンモニア血症を呈した1例
添野 祥子見坂 恒明武田 孝一田中 裕一郎黒木 茂広
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 102 巻 4 号 p. 976-978

詳細
抄録

症例は88歳,女性.基礎疾患として肝機能障害はなく,神経因性膀胱とAlzheimer型認知症がある.高アンモニア血症による意識障害で当院に入院した.尿閉があり導尿したところ,速やかに意識障害は消失し高アンモニア血症も改善した.尿培養からウレアーゼ試験陽性のCorynebacterium urealyticumが検出され,ウレアーゼ産生菌が原因の閉塞性尿路感染症による高アンモニア血症と診断した.高齢者の高アンモニア血症の鑑別疾患として,排尿障害,特にウレアーゼ産生菌による尿路感染症を考える必要がある.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top