日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
医学と医療の最前線
摂食関連ペプチドと脳内ネットワークの機能連関-抗肥満薬への応用を含めて-
上野 浩晶中里 雅光
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 96 巻 7 号 p. 1491-1496

詳細
抄録

近年,肥満者の増加と,肥満を基礎にして発症する糖尿病,脂質代謝異常,高血圧症などの肥満症やメタボリックシンドロームを呈する患者数が増加している.生活習慣病の根底にある肥満の治療は食事療法や運動療法といった生活習慣の変容が基本であるが,現実的には困難であり,減量に成功する症例は少ない.最近,さまざまな摂食調節ペプチドの同定や各因子間のネットワークを含めた摂食調節機構の解析が進んでおり,摂食調節物質そのものや受容体をターゲットにした創薬により,新しい抗肥満薬が開発され実用化されつつある.

著者関連情報
© 2007 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top