日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
III.治療法の実際
2.食事療法
中尾 俊之
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 97 巻 5 号 p. 1002-1007

詳細
抄録

腎疾患の食事療法では,腎機能低下の程度と蛋白尿の程度により,たんぱく質と食塩,カリウム,リン摂取量を「慢性腎臓病に対する食事療法基準2007年版(日本腎臓学会)」に則って適応する.また総エネルギー必要量は性別,年齢,身体活動レベルにより推定し,患者の体重変化を観察しながら調整を加える.食事指導を有効に生かすためには,medical professionalsによるチーム医療体制が必須であり,患者に対し,繰り返し反復した指導ができる診療システムを構築することが重要である.

著者関連情報
© 2008 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top