日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
III.治療法の実際
3.副腎皮質ステロイド薬と免疫抑制薬
野島 美久
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 97 巻 5 号 p. 1008-1015

詳細
抄録

副腎皮質ステロイド薬は多くの原発性・続発性腎疾患の第一次選択薬である.一方,免疫抑制薬はステロイドに抵抗性を示す症例に対して一般に投与される.また,一部の疾患では免疫抑制薬の積極的な使用が腎予後を改善させるとされてきた.しかし有効性と安全性のエビデンスは必ずしも十分ではなく,感染症を始めとする重篤な副作用も多い.各薬剤の特性を理解し,十分なインフォームドコンセントを取得した上で使用すべきである.

著者関連情報
© 2008 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top