日本橋学館大学紀要
Online ISSN : 1884-2518
Print ISSN : 1348-0154
ISSN-L : 1348-0154
首長ビジョン実現のための行政組織の変革要因についての一考察~ 柏市における行政組織風土改革に関する経年調査結果より ~
宮入 小夜子
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2014 年 13 巻 p. 13-35

詳細
抄録

本稿は、就任1 年未満の首長を対象に2010年に行った「行政組織の変革に関する調査」と2012年にその後の追調査を実施した柏市の結果を比較し、どのような要因が首長がマニフェストに掲げたビジョンを実現するための行政組織および職員意識の変革に影響を与えるのかについて検討した。その結果、新たに就任した首長が、1年目はビジョンを繰り返し語り、課題を提示することは、個人レベルのビジョン理解・実現行動に影響を与えるが、職場ごとの共感・理解や首長ビジョンの実現に向かう意識や行動に影響を与えるのは、管理職のマネジメント行動が鍵となることが示唆された。また、事業仕分けの対象となった部署の方が首長ビジョンへの共感が低く、自発的な職員意識や行動の改革にはつながりにくいことがうかがえた。行政組織においては、首長ビジョンの実現においても、組織の職制を通し、総合計画等のしくみとの連動により達成されていくものであることが考えられ、管理職層に対する首長のリーダーシップが重要であることが示唆された。

著者関連情報
© 2014 学校法人日本橋女学館 日本橋学館大学
前の記事 次の記事
feedback
Top