人間ドック (Ningen Dock)
Online ISSN : 2186-5027
Print ISSN : 1880-1021
原著
インスリン抵抗性推定のためのTG/HDL-C比の有用性について -10年間の観察において-
影山 洋子山下 毅本間 優田中 千裕中村 綾冨田 美穂寺田 奈美毛利 恭子小原 啓子近藤 修二船津 和夫中村 治雄水野 杏一
著者情報
ジャーナル フリー

31 巻 (2016) 3 号 p. 462-467

詳細
PDFをダウンロード (1151K) 発行機関連絡先
抄録

目的:インスリン抵抗性の診断は糖尿病発症予防のためにも早期発見が重要である.しかし,診断の基本となるインスリンが健診項目に入っている企業は少ない.そこで多くの企業の健診項目にあるTG/HDL-C比を利用して日本人におけるTG/HDL-C比がインスリン抵抗性の指標となり得るか,またその指標が10年間の糖尿病発症に関与しているかretrospectiveに検討した.
方法:TG/HDL-C比を四分位し,男女別にhomeostasis model assessment-insulin resistance(HOMA-IR)と比較した.また,10年間における糖尿病の発症率をTG/HDL-C比高値群と非高値群で比較した.
結果:男女ともにTG/HDL-C比が高くなるに従いHOMA-IRは増加していた.四分位による75パーセンタイルは男性が2.6,女性が1.4で,それ以上を高値群,未満を非高値群とすると,高値群は非高値群に比べてインスリン抵抗性を有していた割合が高かった.10年間の追跡による糖尿病発症では,男女ともに2001年時にTG/HDL-C比高値群が非高値群より2倍以上糖尿病を発症していた.
結論:TG/HDL-C比はインスリン抵抗性を反映しており,鋭敏な糖尿病発症の予測因子となり得る.TG/HDL-C比としてみることで簡便でわかりやすいインスリン抵抗性の指標として使用できる可能性がある.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本人間ドック学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

健康医学

feedback
Top