耳鼻咽喉科展望
Online ISSN : 1883-6429
Print ISSN : 0386-9687
木村病 (軟部好酸球性肉芽腫症) の2症例
西村 将人折田 浩津田 守高橋 哲
著者情報
ジャーナル フリー

1994 年 37 巻 6 号 p. 663-670

詳細
抄録

木村病 (軟部好酸球性肉芽腫症) の2症例を経験したので報告した。症例1は17歳の男性で, 右顎下部に数個の境界不明瞭の腫瘤として摘出され, 病理組織診にて巨大濾胞や好酸球・形質細胞・リンパ球の多数の浸潤が見られ, 木村病と診断された。32ヶ月後に再発し, その直後には対側にも同様の小腫瘤が出現した。このため, 右側に対し再手術を施行したが, 顔面神経に近い部分は摘出できなかった。この後oxatomide内服にて経過観察しているが, 残存及び対側腫瘤は増大を見ていない。症例2は39歳の男性で, 右耳後部の掻痒感を主訴とし, 腫瘤触知より約3.5年が経過していた。摘出術を施行したところ同様の病理組織所見が見られ木村病と診断された。この症例もoxatornide投与にて術後3ヶ月時点で再発を見ていない。しかしこの疾患の再発時期は治療後長期後であることが多いので, 更に経過観察が必要である。

著者関連情報
© 耳鼻咽喉科展望会
前の記事 次の記事
feedback
Top