応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
基礎講座
超伝導バルク材料とその応用技術
生田 博志
著者情報
ジャーナル 認証あり

2003 年 72 巻 6 号 p. 742-746

詳細
抄録

高温超伝導体の溶融バルク材料は,強いピン止め効果により,テスラ級の磁場を捕捉できる.そのため,新しい磁場発生源としての応用が期待されている.これらの材料が磁場を捕捉する原理や,試料の育成方法,超伝導特性などについて概説する.さらに,応用上重要な技術である着磁方法についても述べ,パルス着磁においては粘性力を考慮することが重要であることを示す.

著者関連情報
© 2003 公益社団法人応用物理学会
前の記事
feedback
Top