応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
基礎講座
量子演算につながるコヒーレンス
伊藤 公平
著者情報
ジャーナル 認証あり

2004 年 73 巻 6 号 p. 782-786

詳細
抄録

量子演算に必要なコヒーレンスという観点から,ブロッホ球を用いて縦緩和時間(T1)と位相緩和時間(T2)を定義し,特に量子計算に重要となるT2の最新の実験結果と今後の展望を概観する.

著者関連情報
© 2004 公益社団法人応用物理学会
前の記事
feedback
Top