応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
基礎講座
新しいアプローチによるチップ作製技術
−ナノインプリント技術の基礎と応用−
松井 真二
著者情報
ジャーナル 認証あり

2005 年 74 巻 4 号 p. 501-505

詳細
抄録

微細加工技術の進展はめざましく,光を用いて100nm,電子ビームを用いて10nmの加工が達成されている.しかし,それら微細加工装置は1億円以上と高価で,量産効果が期待できるシリコンデバイス製造にしか用いることができない.ナノインプリントは,10nmのパターン解像度をもつプレス技術で,凹凸モールドがあれば,安価なナノインプリント装置でウエハー上にナノパターンの一括転写が可能である.ナノインプリント技術を用いることにより,低コストかつ高スループットでバイオデバイスを作製することができ,バイオチップ作製技術としてきわめて有用である.ナノインプリントはトップダウン型作製技術であるが,ボトムアップ型作製技術として,インクジェット技術が展開されつつある.本稿では,主にナノインプリント技術プロセスおよびそのバイオデバイスへの応用例について述べる.

著者関連情報
© 2005 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top