応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
基礎講座
分子動力学法 I
吉井 範行岡崎 進
著者情報
ジャーナル 認証あり

2006 年 75 巻 6 号 p. 718-721

詳細
抄録

原子や分子レベルの現象をコンピューター上で再現する分子動力学シミュレーションが,近年,物理,化学のみならず,さまざまな分野で盛んに行われるようになっている.ここでは,古典系の分子動力学シミュレーションについて,系の構成から実際の計算の流れまで,例をあげながら解説を行う.あわせてMD計算の手法として,運動方程式の数値解法を紹介する.

著者関連情報
© 2006 公益社団法人応用物理学会
前の記事
feedback
Top