応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
研究紹介
高効率カルコパイライト系化合物薄膜太陽電池における結晶成長とデバイス設計
杉本 広紀中村 元志平井 義晃加藤 拓也
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 89 巻 11 号 p. 656-660

詳細
抄録

Cu(In,Ga)(Se,S)2(CIS系)カルコパイライト化合物を光吸収層に用いた薄膜太陽電池は比較的低い製造コストで高い変換効率が得られることから,6GWを超えるCIS系薄膜太陽電池モジュールが世界中に設置され,その高い信頼性と発電性能が実証されている.さらに,CIS系薄膜太陽電池は,その特徴を生かした軽量・フレキシブルモジュールや高効率多接合太陽電池への展開が大きく期待されている.本稿ではCIS系薄膜太陽電池の高効率化の歩みと将来展望について述べる.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top