応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
研究紹介
量子コンピュータを見据えたシリコン量子ビット高温動作の実現
森 貴洋
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 89 巻 5 号 p. 274-277

詳細
抄録

量子コンピュータを構成する量子計算回路の基本素子として,従来の集積技術を転用可能なシリコンスピン量子ビットに高い注目が集まっている.さまざまな量子ビット素子が提案される中,我々は急峻(きゅうしゅん)スイッチング素子への応用に向けて開発してきた等電子トラップ援用トンネルFETが量子ビットとして動作することを見いだし,10Kまでの量子ビット動作に成功した.本稿では背景となる最近のシリコン量子ビット素子の研究状況について述べ,本研究における実験結果を紹介する.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top