応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
研究紹介
全固体電池の電極-電解質界面のイオン・電子挙動に関する理論計算研究
館山 佳尚
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 90 巻 7 号 p. 424-427

詳細
抄録

全固体Li+イオン電池の実用化に向けて,電極-電解質界面の安定性とイオン輸送抵抗に関する理解と制御が大きな課題となっている.我々はヘテロ固固界面構造の効率的サンプリング手法の開発とその高精度第一原理計算との結合により,現実的な全固体電池電極-電解質界面の原子スケール描像の理論計算解析を可能にした.それらを硫化物電解質,酸化物電解質と正極の界面に適用することで,界面におけるLi不安定サイトの存在と充電時における“動的なLi空乏層形成”や固体電解質の酸化との関連性,界面形成時とアニール後の挙動に関する計算モデル,界面第一原理計算とLi+イオン電気化学ポテンシャルの関係といった新しい理解・概念を提案してきた.これらの研究により,全固体電池界面の微視的描像の理解と制御が一層進むことが期待される.

著者関連情報
© 2021 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top