応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
最近の展望
MBEを利用した2次元物質研究の最前線
中野 匡規
著者情報
ジャーナル 認証あり

2021 年 90 巻 7 号 p. 419-423

詳細
抄録

グラフェンの発見に端を発した2次元物質の研究は拡大の一途をたどり,最近ではさまざまな2次元物質をさまざまなパターンで集積化させることで新しい物性や機能性を創出しようという試みが世界中で行われている.そこではいわゆる「へき開&転写法」と呼ばれるテープを用いた機械的な剝離と顕微鏡下でのマニュアル積層により試料を得るアプローチがよく用いられるが,これまで半導体や酸化物の薄膜作製に用いられてきた「分子線エピタキシ(MBE)法」を利用した試料作製も重要なアプローチである.本稿ではMBEを利用した2次元物質の物性研究について,筆者らの取り組みを中心に紹介する.

著者関連情報
© 2021 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top