応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
研究紹介
Liイオン電池の車載・定置利用への展開と評価技術の応用
田中 真悟
著者情報
ジャーナル 認証あり

2022 年 91 巻 1 号 p. 37-41

詳細
抄録

Liイオン電池を中心とするアルカリイオン2次電池の車載・定置利用に向けては,現在積極的に研究・開発が進められている.それらを幅広く展開するためには,電池の基本性能の向上と併せて,高い信頼性・安全性を満たしつつ低コスト化も進める必要があり,実現に向けては多くの課題が存在する.我々のグループでは,これまでに第一原理計算を中心とした計算科学と電子顕微鏡,表面プローブ顕微鏡技術を中心とした精密解析を連携・融合させて,実用電池に向けた分析・解析・評価技術の応用へアプローチしてきた.本稿では,最近の研究成果を事例として取り入れながら,現状の課題点や今後の展望について紹介していく.

著者関連情報
© 2022 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top