応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
研究紹介
熱光起電力発電を用いた太陽光フルスペクトル利用
清水 信湯上 浩雄
著者情報
ジャーナル フリー

2023 年 92 巻 3 号 p. 156-160

詳細
抄録

カーボンニュートラル実現のためには太陽エネルギーの有効利用が極めて重要であり,エネルギーを余すことなく利用できる発電技術が望まれる.熱光起電力発電(Thermophotovoltaics: TPV)を用いた太陽エネルギーの電力変換システムであるSolar-TPVでは集光太陽光により中間体を加熱し,放射される熱輻射(ふくしゃ)を光起電力セルで電力へ変換する.したがって本質的に太陽光の全波長利用が可能であり,かつ単接合セルでも高効率変換が期待できる.本稿ではSolar-TPVの高効率化において重要となる熱輻射スペクトル制御技術および実際に行った発電システムの設計と発電試験について紹介するとともに,Solar-TPVによる太陽エネルギー高度利用の可能性について示す.

著者関連情報
© 2023 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top