日本歯周病学会会誌
Online ISSN : 1880-408X
Print ISSN : 0385-0110
ISSN-L : 0385-0110
症例報告
非外科的歯周治療により改善した薬物性歯肉増殖を伴う慢性歯周炎の一症例
田中 吏絵金子 高士
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2020 年 62 巻 2 号 p. 96-106

詳細
抄録

降圧剤の一種のカルシウム拮抗薬を服用している患者は歯肉増殖を高頻度に発症することが知られている。歯周治療に際し,内科医に降圧剤の変更を依頼することもあるが,症例によっては血圧のコントロールや副作用などから変更が困難なこともある。また歯肉増殖は歯周基本治療で改善しない場合も多く,その場合歯肉切除などの歯周外科処置を応用することも珍しくない。

本症例は多発性嚢胞腎に伴う高血圧症のためカルシウム拮抗薬を服用し,慢性歯周炎と薬物性歯肉増殖を併発していた。歯周組織検査の結果,4 mm以上の歯周ポケットが55%,6 mm以上は28%であった。歯肉の増殖は上下顎の頬舌側歯間部に見られた。初診時口腔清掃状態が不良であったので口腔衛生指導やスケーリング・ルートプレーニング(SRP)などの歯周基本治療を徹底して行った。その結果,歯肉増殖は消退し,4 mmの歯周ポケットが1ヵ所に減少したため,歯周外科を行わずサポーティブ・ペリオドンタル・セラピー(SPT)に移行した。SPT開始後,約3年が経過しているが,現在も歯周組織状態は良好に保たれている。本症例からカルシウム拮抗薬による薬物性歯肉増殖を伴う慢性歯周炎患者に対し,服用薬の変更を行わずとも,SRPとプラークコントロールの維持により非外科的歯周治療で歯肉増殖と歯周組織の炎症は改善されることが分かった。

著者関連情報
© 2020 特定非営利活動法人 日本歯周病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top