パーソナリティ研究
Online ISSN : 1349-6174
Print ISSN : 1348-8406
資料
人は失恋によって成長するのか
――コーピングと心理的離脱が首尾一貫感覚に及ぼす影響
浅野 良輔堀毛 裕子大坊 郁夫
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 18 巻 2 号 p. 129-139

詳細
抄録

本研究の目的は,失恋に対するコーピング(未練型,拒絶型,回避型)が,失恋相手からの心理的離脱を介して,成熟性としての首尾一貫感覚(Antonovsky, 1979, 1987)を予測するという仮説を検証することであった。過去1年以内に失恋を経験した大学生114名(男性60名,女性54名)を分析対象とした。対象者は,最近経験した失恋に対するコーピング,失恋相手からの心理的離脱,人生の志向性に関する質問票(首尾一貫感覚)の各尺度に回答した。構造方程式モデリングによる分析の結果,(a) 心理的離脱は首尾一貫感覚を直接的に向上させ,(b) 心理的離脱を介して,未練型コーピングは首尾一貫感覚を低下させる一方,回避型コーピングは首尾一貫感覚を向上させ,(c) 拒絶型コーピングは首尾一貫感覚を直接的に低下させることが示された。以上の結果から,失恋および継続中の恋愛関係と,成熟性としての首尾一貫感覚との関連性が議論された。

著者関連情報
© 2010 日本パーソナリティ心理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top