人工知能学会全国大会論文集
第33回全国大会(2019)
セッションID: 2O1-J-13-04
会議情報

東京証券取引所における高頻度マーケットメイク戦略の注文行動分析
*平野 正徳和泉 潔松島 裕康坂地 泰紀島田 尚
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本研究は,金融市場における高頻度取引(HFT)のマーケットメイク(MM)戦略と呼ばれる注文行動について分析を行うことを目的とした.株式会社日本取引所グループより提供を受けた,東京証券取引所の注文データを使用し,仮想サーバーの名寄せを前処理として行なった.その結果得られた,取引主体別の注文データを,いくつか指標を使うことで,クラスター分析を行い,高頻度マーケットメイク戦略(HFT-MM)を取っている取引主体を抽出し,それらの注文が,直近約定価格から何ティック離れたところに置かれているかについて計算した.その結果,HFT-MMとされる行動主体は,直近約定価格からかなり離れた位置(5-10ティック)のところにも注文を置いていることが明らかになった.この結果は,HFT-MMとされる取引主体が,マーケットメイク戦略だけではなく,他の戦略も採用している可能性を示唆しており,さらに確認すると,価格が急変した際には,不安定化効果を引き起こす可能性をも示唆していることがわかった.

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top