PLANT MORPHOLOGY
Online ISSN : 1884-4154
Print ISSN : 0918-9726
特集1 多様な植物現象を理解するためのイメージング:細胞内構造から環境応答まで
植物のヒストン修飾ライブイメージング
栗田 和貴坂本 卓也松永 幸大
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 29 巻 1 号 p. 3-7

詳細
抄録

ヒストン修飾が変化することで,ゲノムワイドに遺伝子の発現が制御される.このヒストン修飾変化は,クロマチン免疫沈降(ChIP)や抗修飾ヒストンモノクローナル抗体による免疫染色によって解析されてきた.ヒストン修飾の変化をリアルタイムで解析できれば,経時的なダイナミクスを捉えることができる.我々は,ヒストン修飾を認識する蛍光プローブを用いたライブセルイメージングによって,ヒストン修飾を生きた植物細胞で可視化する技術を確立した.特定のヒストンアセチル化を認識する抗体をもとに作成した蛍光プローブmintbody(modification specific intracellular antibody) を植物培養細胞に遺伝子導入した.その結果,細胞内の蛍光プローブはヒストン修飾を認識し,ヒストン修飾のレベルに応じて核の内外を移行することが明らかとなった.このヒストン修飾ライブイメージング技術によって,植物細胞内のヒストン修飾をリアルタイムで捉えることが可能になった.

著者関連情報
© 2017 日本植物形態学会
前の記事 次の記事
feedback
Top